お見合いの際、賢くお断りする際の言葉の選び方について

お見合いになった時点で印象が思っていた場合と違うとき

この記事をシェアする

会ってみたらプロフィールと印象が違う場合

このように実際にいざあった場合にプロフィールと印象があまりにも違っていた場合、ちょっとパニックになってしまう場合が多いですね。
もちろん盛り上がっていた気持ちは失せてしまうでしょうし、かといって相手に責任はちっともないので文句を言うわけにもいかず、困ってしまうことが多いと聞きます。
ただこちらは結婚を最終目的として相手を選んでいるので、嘘とかはつきたくないですし、かといって相手に不快な思いをさせるわけにもいきません。
ではすぐに帰ってしまうというのも相手に失礼でできない気もしますし、どうやってこれからお話したらよいのだろうかと悩んだ方も多いのではないかと思います。
こういった場合に相手を傷つけないはない方法はないものでしょうか

どう対応してよいか迷ってしまう事が多い

どう対応してよいか迷ってしまうのが相手の印象があまりにも違っていた場合ですが、この場合は二つの選択肢に分かれる場合が多いですね。
すぐにお断りを入れてしまうか、印象は違うけど話してみたら違うかもと思い直しあってお話ししてみるといった感じになるかと思います。
どちらかといえば後者の方が建設的で自分にとっても良い効果が出ると思います。
人は印象も大事ですが印象と実際の人柄は違うものですし、行動や話し方、話す内容やふと見せる表情などにもその人の魅力というのは現れるものだと思います。
これだけは実際に会って話してみないと絶対にわからないことなので、少々イメージが違ってもとにかくお話をしてみるということがとても大切なことになってくると思います。