お見合いの際、賢くお断りする際の言葉の選び方について

結果として合わなかった人を傷つけずにどう断るか

この記事をシェアする

自分の気持ちにうそをつく方がかえって失礼

そうして相手と話をしてみてとても良い方向へ話が進んでこの人とお付き合いしてみても良いいかなと感じることもあるのではないかと感じることもあるでしょうし、逆にやっぱり私には合わない人だったという事もあるかと思います。
そういった場合には今後会う気がないのであればお断りの言葉を勇気を出しておいた方が相手にとっても失礼にはなりません。
かえって嘘をついてしばらくたってからダメよというのではこれは相手にとても失礼ですので、自分の本当の気持ちははっきりと伝えたほうが良いと思います。
自分にその気がないのに偽って付き合いを進めるというのはとてもよくないことで、絶対やめたほうが良いでしょう。
後々自分も深い傷を負うことになりかねません。

相手を傷つけずにどういった言葉で断るか

ではどうやって相手が不快にならないように断りの言葉を選んだらよいのでしょうか。
まず念頭に置きたいのは断ることは決して悪い行為ではないと認識することがとても大切です。
断るときにはタイミングは早ければ早い方がよく、理由は長引かせれば長引かせるほど断りに誠実さがなっていくからです。
そして断る理由はなるべく普遍的な理由の方が良いでしょう。
必ず相手に対する気使いを忘れずにしっかりした理由を伝えましょう。
そして必ず最後に感謝の気持ちを忘れないことが重要で、相手との出会いに感謝をするべきです。
今回はダメであっても人との出会いは大切なものですので自分から断りを入れる場合には特に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。